小木人形 オンラインショップ

MENU

重文 黒韋威肩紅の大鎧
三分之一模写

(広島)厳島神社所蔵 室町時代後期(伝・大内義隆公奉納)

絵韋に梵字と静海波に龍柄が染めてある手の込んだ大鎧。

この大鎧は大鎧最後の遺品とされ、精巧で気品の高い大鎧です。

【商品番号】321I
【価格】¥382,800(税込)
【サイズ】間口90cm×奥行50cm

  • 厳島神社(広島)所蔵、室町時代後期の大鎧。
    赤糸と黒革のコントラストが目をひく大鎧。

    絵韋の各処に梵字と静海波に龍柄がデザインしてあり、兜と大袖には紅糸を上段に、黒韋を下段に威してあります。

  • 大袖の赤糸と黒革のバランスの取れた配色。

  • 兜は総覆輪仕上げ。奉納の為に特別に製作されたと考えらる仕様です。

  • 前立てには、貴石を持った龍をつけています。

  • 弦走りの絵韋には静海波に龍を染め豪華に。

    弦走韋(つるばしりのかわ)

  • 屏風枠・飾台には取り扱いのとても楽な焼き桐を使用。
    屏風には金沢箔を、弓太刀も木製の極上品を使用しています。

  • 落ち着いた台屏風に黒韋が引き立つ豪華な鎧飾りセットです。

美術工芸品的な大鎧の名称と特徴

鎧の黄金期と言われる大鎧平安時代後期から鎌倉時代にかけて武士の台頭とともに形成された鎧。
馬にまたがり矢を射るのに都合がよいように仕立てられ形も大きいことから大鎧と称された。

【大鎧の特徴】

  1. 肩の肩上に障子の板がついている。
  2. 胴の前面に弦走の革が張ってある。
  3. 胴の右わきが脇楯で合わさっている。
  4. 草摺は前後、右と左の脇楯に一枚ずつ四枚と決まっている。
  5. 左右の草摺のつけ根は蝙蝠付という一枚革でとめてある。
  6. 胸の両側に栴檀・鳩尾という二枚の板が付いている。
  7. 背に逆板が付いている。
兜
鎧

白糸威褄取大鎧 五分之二模写 (米国)メトロポリタン美術館所蔵 鎌倉時代

当店の焼桐は側面まで焼きを入れた総桐です

焼桐は防腐効果など優れた特性を持つことで知られています。焼くことで汚れにくくなっておりますので、素手で取り扱われても安心ですし、指紋などが付きませんのでお掃除も楽です。軽く柔らかな仕上がりとなっております。

  • 五月人形をお買い上げの方に4大プレゼント
  • 五月人形をより凛々しく飾る 小木の特典※セットにより種類が異なる場合がございます。

重文 黒韋威肩紅の大鎧
三分之一模写

(広島)厳島神社所蔵 室町時代後期(伝・大内義隆公奉納)

【商品番号】321I
【価格】¥382,800(税込)
【サイズ】間口90cm×奥行50cm

ご購入はこちら